高濃度ビタミンC点滴療法

活性酸素、フリーラジカルは、生活していく上で必ず体内に発生します。 しかし、これらが過剰に発生すると、多くの細胞の「酸化」が起こり、鉄が錆びてもろくなるように、 身体も錆びて老化や病気の基となります。 そのため、身体の「酸化」を防ぐ「抗酸化治療」としてビタミンCが注目されています。 しかし、体内ではビタミンCを作ることができないため、食品やサプリメントなどで補給する必要があります。 口から摂取するビタミンCは、1日2~3gしか体内に吸収されません。健康維持のみならばこの程度でかまいませんが、 老化や病気予防のためならば、より強力なビタミンCパワーが必要です。


美白効果、免疫アップ効果の実力は最近では癌治療の分野でも認められ医療現場で高濃度ビタミンC点滴療法が活用されています。
美容目的でも健康目的でも大活躍の点滴です。
強力な抗酸化作用により次のような美容・アンチエイジング効果があります。

  • メラニンの合成を抑制(シミ、くすみの予防)

  • コラーゲンの生成を促進、保水力の増加(シワ、たるみの予防、美肌効果)

  • コレステロールを抑制(動脈硬化の予防と治療)

  • 免疫力増強、抗がん効果(がん予防、治療)

  • その他(貧血の改善、疲労回復、抗アレルギー作用、老化予防など)

高濃度ビタミンC点滴療法は、高濃度ビタミンC(25g以上)を点滴で直接体内に投与する治療法です。
これにより、血液中のビタミンC濃度を一気に上昇させ、より即効性のある効果を発揮します。
また50g以上になると抗がん効果も発揮すると言われています。
なお、G6PD(赤血球膜を安定させる酵素)欠損症の方は治療できません。

ビタミンCが必要なワケ

ビタミンCは体内でコラーゲン生成を促し、また高い抗酸化力で病気の予防などに役立ちます。
人間は自分でビタミンCをつくることができません。
つまり、口もしくは、点滴によって摂取しなければビタミンC欠乏症になってしまうのです。

日々のストレスやタバコ、空気汚染などにより私たちの体は酸化方向に向かいがちです。
ビタミンCの補給はどんな方にも不可欠になっていると言えるでしょう。
ビタミンCのサプリメントを毎日摂取しても、残念ながら、口から摂取したビタミンCは半分以上が数時間で尿から排泄されてしまいます。
でも、点滴で直接血液ないにビタミンCを入れることで体内のビタミンC濃度は一気に急激に高まり、効果を発揮してくれます。


高濃度ビタミンCがすごいワケ

がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法は、ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士らが、自らのデータから、 「ビタミンCでがんが治る」ことを発表した1970年代から行われています。
2005年に米国・公的機関/国立衛生研究所(NIH)の科学者が衝撃的発表をしました。
『高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)点滴は、がん細胞に対してだけ選択的に毒性として働く』という内容です。
ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮します。その際に大量の過酸化水素が発生します。
血中に投与された時、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、癌(がん)細胞はこれを中和できず死んでしまいます。
つまり、高濃度のビタミンCはがん細胞にとって《抗がん剤》でもあるわけです。

ビタミンCは通常の抗がん剤とは異なり副作用がないのが特長です。
がん細胞に対しての選択的攻撃力が高く、現在、癌(がん)手術後の再発防止、がんの新たな補助療法として、 米国・国立癌研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端のがん治療法です。

高濃度ビタミンC 治療費

ビタミンC25g点滴(約50分) 8,000円
ビタミンC50g点滴(約100分) 12,000円
ビタミンC75g点滴(約150分) 16,000円
ビタミンC100g点滴(約200分) 20,000円

(税抜価格です)

初診時に、G6PD検査(血液検査、4,000円(税抜価格です))が別途必要です。
また、当院を初めて受診される方は初診料1,000円(税抜価格です)が別途必要です。
2回目以降、診察料は不要です。
なお、高濃度ビタミンC は海外製を用いています。




PAGE TOP