【活性酸素とアンチエイジング】

アンチエイジングの大敵と言われる「活性酸素」

活性酸素とは、 呼吸によって体内に入った酸素が変化したものをいい、美容・健康の観点から老化を進めたり、さまざまな病気の原因になると言われています。

そもそも、活性酸素はもともとは体にとって必要なもので、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する役割があります。
しかし、その役割に必要な量よりも多くの量の活性酸素が私たちの体の中で作られており、余った活性酸素はからだの中の異物だけでなく、私たちの体の正常な細胞も攻撃し、病気や老化の原因となったりと、体に悪影響を与えてしまうといった面もあります。

人間はおよそ60兆の細胞で構成されますが、その細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸で作られています。 不飽和脂肪酸は活性酸素と結びつくことで、鉄が酸化してさびるのと同じように細胞がさびて過酸化脂質となり、体がさびてしまうのです。 それが老化であり、生活習慣病などの病気を引き起こす原因となるのです。

人のからだは、体内に吸収された食物を呼吸で得た酸素で酸化してエネルギーを得ていますが、
その2%前後は、体内で活性酸素に変わると言われています。

この活性酸素が細胞を傷つけガンや心筋梗塞、脳卒中、糖尿病など生活習慣病を引き起こします。

活性酸素は体内を転げまわり、細胞の損傷と病気を広げていきます。全疾患の90パーセント以上は活性酸素が関与しているといわれています。 それは、アトピー性皮膚炎、シミ、シワの原因となったり老化のスピードを早めたりしています。
しかしその反面、体内に浸入してきた細菌やウィルスに対して有益に働くのです。

これを、「ウィルスなどと戦う善玉活性酸素」と「身体に害を及ぼす悪玉活性酸素」として分類しています。

現代のストレス社会に生きる人にとって、この悪玉活性酸素が過剰になるために、体の中の細胞をどんどん壊してしまうのです。 この酸化を止めるのが、抗酸化というものです。これがアンチエイジング効果として、注目を集めているものです。

体への影響

肝臓の機能が低下する。

疲れやすくなったり、やる気がなくなったりなどの症状が出てきます。

しみやそばかす

活性酸素は紫外線でも発生します。活性酸素が多いほどメラニン色素がたくさん分泌されて、しみやソバカスができやすくなる。

血管の詰まり

コレステロールと活性酸素が血管のつまりを助長する。
動脈硬化や、心筋梗塞、脳梗塞などの弊害をもたらす。

活性酸素から身体を守るには

私たちの身体には活性酸素から身を守る仕組みとして、体内で発生した活性酸素を消滅させるために働く、酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなどの活性酸素除去酵素(スカベンジャー)があります。

このSODが細胞の中で作られるためには、タンパク質、鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルが必要です。

特に毎日の食生活で不足になりがちの亜鉛を補い、タンパク質と亜鉛を同時に摂取することで、SODが増加し活性化できるのです。
ただしこの活性酸素除去酵素の生成は20歳頃がピークだといわれています。それ以降どんどんと生成量が減っていきます。
40代になるとなんとピークの半分にまで減少してしまいます。

いろいろな動物のSOD活性を比較してみると、体重あたりのカロリー消費量に比較して、
SOD活性が高い動物ほど寿命が長いという研究報告があります。

活性酸素を除去してくれる栄養素

年齢による活性酸素除去酵素の減少を補うなら、同じように活性酸素を除去する働きがある栄養素を食品から摂取することです。
代表的なものではビタミンC、E、β-カロテン、ポリフェノールなどがあります。


PAGE TOP